十和田湖について


十和田湖

 典型的な二重式カルデラ湖で、海抜400m、周囲は約46Km、湖の最深部326.8mと日本第3位の美しい藍をたたえた神秘の湖です。

「山は富士、湖は十和田湖、広い世界に一つずつ」と、かの大町桂月が絶賛しました。

 波静かな湖面では、湖上遊覧船やボート遊びができ、また 湖周をめぐるサイクリングやハイキングも楽しめます。新緑や紅葉の季節はもちろん、雪の十和田湖も新鮮な味わいです。


奥入瀬渓流

十和田湖畔の子ノ口から焼山に至る約14kmの渓流美。千変万化の水の流れが生む躍動感あふれる景観が展開します。奥入瀬を代表する「阿修羅の流れ」をはじめ、「雲井の滝」「銚子大滝」など主な滝だけでも十四ヶ所もあり、見どころがいっぱい。

乙女の像

 十和田湖畔の美しい砂浜、御前ヶ浜にたたずむブロンズ像は、高村光太郎の晩年の傑作。十和田湖のシンボルとなっています。

※文章は十和田湖商工会のホームページより引用しています。

おしらせ

レークサイド 山の家
〒018-5511秋田県鹿角郡小坂町十和田湖字銀山1-7  
TEL 0176-75-2552
Copyright© 2010 レークサイド山の家 All Rights Reserved.